使用するOSについて

AndroidはGoogleがアンドロイド社を買収してオープンソースソフトウェアとして公開したスマートフォンOSです。こちらはライブラリの多くが無料で利用できるだけでなく、改変も自由に行うことができます。管理自体はOHAという団体が行なっており、Googleを含んだメーカーやキャリアがそれに参加をしています。

ミドルウェアやヒューマンインターフェースといった重要なポイントが揃っているだけでなく、オープンソースソフトウェアとして無償で利用できることも魅力であるAndroidは急速に利用が進んでいます。カーナビや電子ブックなどといった他の情報機器にも利用ができるということなどから、多数の企業がこのOSを利用して開発をしているのです。

スマートフォン市場ではこのAndroidを採用するかしないかで大きく明暗が分かれています。当時は世界一のシェアを誇っていたノキアはSymbian OSをもともと採用していましたが、このAndroidに変更した途端急速に売上が下がりました。逆に、韓国のサムソン電子はAndroidスマートフォンを販売の主軸にしたことによって爆発的に成長を遂げました。その成長ぶりは凄まじく、あのApple社とトップ争いをするほどです。このようにスマートフォンにとってOSは非常に大切なのです。